Home nocategory • フェイシャルエステで使用される石膏パックの効果は?

フェイシャルエステで使用される石膏パックの効果は?

 - 

フェイシャルエステで人気を集めているのが、石膏パックを用いた施術です。多くのサロンで導入されているので、経験した人も増えているのではないでしょうか。
心斎橋で人気のエステサロンでも石膏パックを取り入れてる店舗もあるでしょう。

石膏といっても、工事などで使用させるセメントのようなものではありません。美容用のものは柔らかく、肌に使っても問題のない材料で作られています。
石膏パックの効果は、肌に塗布したパックや美容液の成分を奥の層まで浸透させることです。美容液を皮膚に塗布しても、その成分が完全に肌に浸透することは難しく、
ごく一部の美容成分しか肌に届きません。これでは、せっかく保湿や肌を整えるための成分を贅沢に配合してあっても、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。
しかし、美容液などを塗った後にガーゼを塗り、石膏パックを施すことで肌への浸透度は大きく上昇します。

エステサロンによっては、ガーゼを使わないお店もあるので、気になる場合は事前に尋ねておきましょう。
肌に塗られた石膏は、約30分後には固まります。固まると石膏は発熱するようになるので、この熱で皮膚が温められて、美容成分が浸透するというシステムです。
美容成分が浸透する以外にも、血行を良くすることで肌の新陳代謝が活発になるというメリットもあります。

老廃物が排出され、石膏に吸収されるとともに、石膏のミネラルが浸透します。
石膏パックをボディにも使っているエステがあるので、身体のデトックスを行いたい場合に最適です。即効性もあるので、パックを取ってすぐに効果を実感できます。

Author:admin